2014年02月16日

計量スプーン、何グラム?

今回は計量スプーン、何グラム?です。料理レシピの本の解説で「バター○○g」とか「小麦粉○○g」とか「塩○○g」などの表記でありますよね。正直、いちいち計っていられない。そこで、計量スプーンでの、目安表を紹介します。

大さじ、小さじの標準容量。

大さじ=15ml(15cc) / 小さじ=5ml(5cc)


食品別<計量スプーン>の重量目安。
■水・・・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g)  
■酒・・・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g)   
■ワイン ・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g)   
■酢・・・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g)   
■醤油・・・・・・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g)    
■本みりん・・・・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g)   
■みりん風調味料・・・・・・・大さじ(19g) / 小さじ(6g)   
■みそ・・・・・・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g)   
■天然塩・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g)   
■食塩・・・・・・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g)   
■精製塩・・・・・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g)  
■上白糖・・・・・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g)  
■グラニュー糖・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g)  
■はちみつ・・・・・・・・・・大さじ(21g) / 小さじ(7g)  
■油・・・・・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g)  
■バター・・・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g)  
■マーガリン ・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■ラード・・・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■ショートニング・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■コーンスターチ・・・・・・・大さじ(6g) / 小さじ(2g) 
■小麦粉(薄力粉)・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■小麦粉(強力粉)・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■片栗粉・・・・・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■上新粉・・・・・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■じゅうそう・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■生パン粉・・・・・・・・・・大さじ(3g) / 小さじ(1g) 
■パン粉・・・・・・・・・・・大さじ(3g) / 小さじ(1g) 
■粉チーズ・・・・・・・・・・大さじ(6g) / 小さじ(2g) 
■ごま・・・・・・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■マヨネーズ・・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■牛乳・・・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■ヨーグルト・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■生クリーム・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■ねりごま・・・・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■トマトピュレー・・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■トマトケチャップ・・・・・・大さじ(15g) / 小さじ(5g) 
■ウスターソース・・・・・・・大さじ(18g) / 小さじ(6g) 
■カレー粉・・・・・・・・・・大さじ(6g) / 小さじ(2g) 
■こしょう・・・・・・・・・・大さじ(6g) / 小さじ(2g) 
■粉ゼラチン・・・・・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 
■うま味調味料・・・・・・・・大さじ(12g) / 小さじ(4g) 
■顆粒ガラスープの素 ・・・・・大さじ(9g) / 小さじ(3g) 


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ




posted by 男の家事講座 at 09:53 | TrackBack(0) | 料理:調味料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

食用油いろいろ

今回は食用オイルいろいろです。食用油はいろいろあるので、何が良いか難しいですね。実は諸説いろいろあって、どれが正解とはいえないのが現状です。とはいえ「男の家事講座」では、オリーブオイルを推奨しています。というわけで「男の家事講座」の見解を紹介します。判断は、読者におまかせします。


油脂は、大きく4種類あります。

@リノール酸(n-6系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸))
1:血中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる。
2:HDL(善玉)コレステロールは下げない。
3:比較的酸化(劣化)しやすい。

Aオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)
1:血中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる。
2:血中のLDLコレステロールの酸化を抑制して動脈硬化の進行のを予防する。
3:HDL(善玉)コレステロールは下げない。
4:比較的酸化(劣化)しにくい。

Bα-リノレン酸(n-3系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸))
1:体内で一部がEPAやDHAに変わり、健康機能を持つ。
2:血中の中性脂肪を下げるほか、血栓の生成や不整脈を防ぐなどの生活習慣病を予防する。
3:免疫機能をととのえる作用がある。
4:非常に酸化(劣化)しやすい。

Cパルミチン酸(飽和脂肪酸)
1:血中のLDL(悪玉)コレステロールを上げる。
2:血中のHDL(善玉)コテステロールは変化させないか、やや上げるといわれている。
3:摂取量の多い人では、心筋梗塞の死亡率が上がる。
4:酸化(劣化)しにくい。

代表的な食用油。

■大豆油 ※100g当たりのg
大豆原料。リノール酸は悪玉コレステロールを下げる効果があるとされるが、大豆油は加熱すると急速に酸化するという面がある。家庭用サラダ油は、大豆油と菜種油の混合油が多い。
@リノール酸:50 Aオレイン酸:23
Bα-リノレン酸:7 Cパルミチン酸・ステアリン酸:15

■菜種油 ※100g当たりのg
菜種の種原料。オレイン酸が豊富。熱に強く酸化しにくい。
@リノール酸:21 Aオレイン酸:55
Bα-リノレン酸:10 Cパルミチン酸・ステアリン酸:6

■べに花油 ※100g当たりのg
べに花の種原料。サフラワー油ともいわれる。リノール酸(73〜79%)のハイリノール種と、オレイン酸(75〜79%)のオレイン種がある。
@リノール酸:72 Aオレイン酸:13
Bα-リノレン酸:0 Cパルミチン酸・ステアリン酸:8

■コーン油 ※100g当たりのg
とうもろこしの胚芽原料。酸化安定がよい。
@リノール酸:47 Aオレイン酸:33
Bα-リノレン酸:1 Cパルミチン酸・ステアリン酸:12

■ごま油 ※100g当たりのg
ごまの種原料。リグナンという酸化成分を含み、酸化しにくい。
@リノール酸:45 Aオレイン酸:40
Bα-リノレン酸:0 Cパルミチン酸・ステアリン酸:8

■オリーブオイル ※100g当たりのg
オリーブの種原料。β_カロテンやビタミンAが豊富。
@リノール酸:10 Aオレイン酸:71
Bα-リノレン酸:1 Cパルミチン酸・ステアリン酸:10

■ひまわり油 ※100g当たりのg
ひまわりの種原料。
@リノール酸:70 Aオレイン酸:17
Bα-リノレン酸:0.5 Cパルミチン酸・ステアリン酸:10

■グレープシードオイル ※100g当たりのg
ぶどうの種原料。リノール酸が豊富。
@リノール酸:65 Aオレイン酸:18
Bα-リノレン酸:1 Cパルミチン酸・ステアリン酸:10

男の家事講座で、オリーブオイルを推奨する理由。
リノール酸は、コレステロール値を下げるので良い、とされていましたが、最近の研究報告では、多量摂取による、心疾患やガンの危険性が指摘されています。必須脂肪酸なので絶対悪というわけではないのですが、摂取目安が1〜2g(ご飯2杯半)なので、食用油として使うと過剰摂取になります。
オリーブオイルは、オレイン酸を多く含みます。酸化にも強い特徴があります。地中海沿岸に住む人に心臓病が少ないのはオリーブオイルの摂取量が多いともいわれています。
オリーブオイルを推奨していますが、油には違いないので、過剰摂取は肥満の原因なので注意が必要です。

■愛用のボスコ

ボスコ エキストラバージンオリーブオイル 750ml[日清オイリオ バージンオリーブオイル]

価格:1,207円
(2013/10/8 19:27時点)
感想(7件)




▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ




posted by 男の家事講座 at 09:51 | TrackBack(0) | 料理:調味料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。