2015年07月01日

酒がすすむ!すじ肉の味噌煮

前回の「コラーゲンたっぷり!トロトロすじ肉丼」のすじ肉シリーズの第二弾<俺の肴>です。妻が安いすじ肉を買ってきたので、下処理をして酒がすすむ!すじ肉の味噌煮を作りました。味噌仕立てで焼酎に合います!すじ肉は、群抜いて「コラーゲン」が豊富な食材です。下処理さえしっかりすれば、トロトロのおいしい部位です。「コラーゲン」は女性がとても喜ぶ栄養素です。奥様の美容のために作ってみてはいかがですか?

IMG_2112.JPG

●道具:圧力鍋、大鍋、ザル
●下処理材料:牛すじ(700g)
●すじ肉の味噌煮材料(2人前):下処理済み牛すじ150g、白味噌大さじ3、酒大さじ3、醤油大さじ1、砂糖大さじ1、みりん大さじ1、水200cc、ニンニク1片、生姜1片、白ごま(少々)、ネギ(適量)

牛すじ下処理の仕方

1:鍋にたっぷりの水を入れ、牛すじを入れて火にかけます。
すじ肉2.JPG

2:沸騰したら灰汁が出てきます。
すじ肉3.JPG

3:「2」をザルに取り、肉を流水で洗います。
すじ肉4.JPG

4:鍋にたっぷりの水を入れ、「3」の牛すじを入れて火にかけます。
すじ肉5.JPG

5:水で煮て、流水洗うを3回繰り返します。

6:「5」の肉を食べやすいサイズに切ります。固くて食べられない部分を外します。
すじ肉6.JPG

7:使う量に小分けして、使わない分は冷凍保存します。
すじ肉7.JPG


すじ肉の味噌煮

1:にんにく、生姜をスライスします。

2:圧力鍋に、白味噌、酒、醤油、砂糖、みりん、水300cc、「1」のにんにく、生姜、下処理済みの牛すじを入れます。

3:圧力鍋のフタをして15分程煮込みます。

4:汁にとろみがついたら、刻みネギと白ゴマをふります。具に大根やこんにゃくを入れてもおいしいです。


<豆知識>牛すじの栄養
高たんぱく低脂肪でコレステロールも少ない。300〜400キロカロリーで1日所要量のタンパク質が摂取できます。コラーゲンがとても豊富です。

コラーゲンたっぷり!トロトロすじ肉丼
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/420911115.html

<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 16:58 | TrackBack(0) | 料理:俺の肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

これは旨い!赤から「田楽」_100円レシピ

実はバイク歴30年の管理人。妻を後ろに乗せてツーリング旅行に出かけます。今回は、名古屋方面にツーリングした時のスーパーで購入した「赤から うま辛みそ」を使ってこれは旨い!赤から「田楽」を作りました。にんにく風味のコクのある甘辛いみそタレがたまりません!

田楽1.JPG

●道具:ミニフライパン、キッチンペーパー
●材料(1人前):木綿豆腐(ミニ)、オリーブオイル適量(ごま油やサラダ油でもよい)、赤から赤きゅう、白ごま
●費用:豆腐30円、赤からタレ 5円。※目安です。

豆腐の水気をとる

1:木綿豆腐を食べやすいサイズに切り、キッチンペーパーで水気をとります。

2:フライパンに油を入れて、弱火で「1」の豆腐をじっくりと焼きます。

田楽2.JPG

3:豆腐に焼き色がついたら、「赤から」のタレをぬり、白ごまをふります。

<豆知識>赤から
赤からとは「赤から鍋」を名物とする飲食店で、名古屋を中心に全国149店舗(2013年9月末日現在)展開し ています。「赤から鍋」とは、辛さを極めたうま辛鍋。名古屋名物赤味噌と赤唐辛子を絶妙にブレンドした秘伝のスープがクセになる味です。

「赤から 赤きゅう うま辛みそ」
きゅうりなどのサラダスティクや、ごはん、豆腐などのタレにぴったり!

赤から.JPG

<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 10:37 | TrackBack(0) | 料理:俺の肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

焼酎やビールに合う!一人「もつ煮込み豆腐」

ひさびさに「俺の肴」です。家呑み派の管理人は、つまみを自分で作って晩酌を楽しんでいます。もつが安かったので小分けして冷凍。1人分のもつ煮込みを作りました。焼酎やビールに合う!一人「もつ煮込み豆腐」です。今回は、一人用の土鍋を使いました。保温性の良い土鍋は、じっくり酒を楽しみたい時のグッドアイテムです。

もつ煮込み1.JPG

●道具:ミニ土鍋(小鍋でもよい)、耐熱容器、すり下ろし器、電子レンジ
●材料(1人前):もつ200g(好きなだけ)、水300cc、みそ(今回は白みそと信州味噌。家のみそでOK)、豆板醤、鰹だし・昆布だし(ダシ入りみそなら必要なし)、ニンニク1片、ごま油、白ネギ(適量)、木綿豆腐ミニ豆腐(好きなサイズ)

豆腐の水抜き

1:土鍋に水ともつを入れて加熱。沸騰したら火を弱めてアクを取る。

もつ煮込み2.JPG

2:「1」にみそと豆板醤、だし、すり下ろしたニンニクを入れる。

3:豆腐を耐熱用に入れて、電子レンジで1分程加熱。豆腐から出た水気を切る。

もつ煮込み4.JPG

4:「2」も「3」の豆腐を入れて煮込む。

もつ煮込み3.JPG

5:30分程煮込んだらごま油を入れる。食べる時に刻んだ白ネギを添える。

<豆知識>
■ホルモンの語源
ドイツ語の医学用語「ホルモン」から、精がつき栄養化が高い料理のことを、戦前から「ホルモン料理」いっていました。その後、1936年「北極星」の創業者の北橋茂男氏が、牛の内臓をフレンチ風に煮込んだ物を「ホルモン料理」として世に出し、翌年商標登録(北ホルモン)しました。

<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



タグ:もつ煮込み
posted by 男の家事講座 at 15:44 | TrackBack(0) | 料理:俺の肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする