2013年10月30日

包丁のお手入れ

ひさびさに料理の<おすすめ道具>です。今回は包丁のお手入れです。包丁は、料理に欠かせない道具です。また、どんなに良く切れる包丁でも、お手入れをしないと切れ味が落ちていきます。

DSC02197.JPG

シャープナーと研石は、役割が違います。
シャープナーと研石は、役割が違うのをご存知でしたか?写真の左が砥石。右がシャープナーです。

■シャープナー
シャープナーは、刃先を研ぐのではなく、刃先を荒らすことで一時的に食材へのひっかかりを良くするものです。つまり、刃先は少しづつですが、鈍くなっていきます。調理中に切れ味が悪くなった時、一時的に切れ味を回復させるために使用します。シャープナーはいろいろなタイプがあります。僕のは、水を入れて軽く2〜3回引くタイプです。

■砥石の種類
砥石は、包丁の刃先のコンディションを保つためのものです。砥石は「荒砥石」「中砥石」「仕上げ砥石」があります。僕は、中砥石を使用しています。ほぼ、これで十分です。僕は2ヶ月に1回ぐらいで研ぎます。

●荒砥石:刃が欠けたときの修正用。
●中砥石:日常の研ぎは、これでOK
●仕上げ砥石:刃の研磨用。きれいに仕上がります。


■包丁の種類
包丁を購入の際、大抵表示されています。写真では下記になります。

和包丁:片刃(写真の一番下、柳刃でお刺身用、鉄素材)
洋包丁:両刃(写真の下から2つ目、牛刀(ミソノ)。3つ目ペティ(ミソノ)。4つ目、三得(ツヴィリング)。共にステンレス素材)

包丁の研ぎ方
【包丁の研ぎ方】で動画サイトもでてきますので、そちらを参考にしてください。

<関連記事>
愛用のプロ用包丁。ちょっと贅沢だけど、ほぼ一生もの。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357012343.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 10:03 | TrackBack(0) | 料理:おすすめ道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

キレイにこせる「オイルポット」を簡単手作り!

ひさびさに<おすすめ道具>です。揚げ物がおいしい季節。「男の家事講座」では、少ない油で揚げる「揚げ焼き」でレシピを紹介していますが、食べ盛りのお子様のいらっしゃる家庭には、通常のフライヤーでの揚げ物が多いかと思います。そこで、残った揚げ油をキレイに再利用できるキレイにこせる「オイルポット」を簡単手作り!を紹介します。きめの細かいコーヒーフィルターを使うので、汚れはかなりキレイにとれます。

DSC01750.JPG

道具:カッター
材料:ペットボトル、コーヒーフィルター、ラップ、輪ゴム。

切って、ひっくり返して、準備OK!

1:ペットボトルの上部1/3ぐらいを切る。

DSC01748.JPG

2:切り分けた上部をひっくり返して、下部に差し込む。

3:コーヒーフィルターをセットする。

4:冷ました使用油を注ぐ。

5:注ぎ終わったら上部を外す。ラップをして輪ゴムで固定する。
下部のペットボトルを使わず、ガラス瓶に入れる方法もあります。

<豆知識>再使用の目安と、長持ちさせる方法。
油の使用回数は、3〜4回が目安。再使用の際、新しい油を「さし油」しながら使うと多少長持ちします。

■揚げ焼き
少なめの油を使ってじっくり揚げる方法。下記は、この方法で作った「男の家事講座」のレシピ。

「俺の丼」Vol.5_ヒーヒー、チキンチリカツライス
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/366483047.html
鶏の唐揚げ&野菜スープVol.1_鶏の唐揚げ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/365807489.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 10:48 | TrackBack(0) | 料理:おすすめ道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

愛用のプロ用包丁。ちょっと贅沢だけど、ほぼ一生もの。

かれこれ25年愛用している包丁は、ミソノの牛刀とペティナイフ。ミソノは名刀関の孫六で有名な800年の伝統を誇る刀都関で、プロ用包丁の専用メーカー。ほどよい重量感とバランスは、使うほどに自分の手になじみ、ステンレスなので手入れも簡単です。

DSC00942.JPG

■牛刀とは
肉切り用の大きな包丁。僕は刃渡り24センチを愛用しています。肉切りはもちろん、キャベツの千切りなどにも。刃渡りが長く、刃も丈夫なので、かぼちゃを2つに切ったりするのに重宝します。

■ペティナイフとは
果物や野菜の皮むきや飾りぎりなど、細かな作業に向く包丁。僕は刃渡り12センチを愛用しています。

<関連記事>
包丁のお手入れ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/378922819.html

▼ミソノ包丁はこちら

ミソノモリブデン鋼 牛刀 No.513/24cm

新品価格
¥9,426から
(2013/4/24 13:56時点)




ミソノ440 ペティーナイフ No.831/12cm

新品価格
¥6,612から
(2013/4/24 13:58時点)




<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。

おうちごはん ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




ラベル:ミソノ 包丁
posted by 男の家事講座 at 13:59| 料理:おすすめ道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。