2015年05月07日

妻のために作ってみたい!スクランブルエッグオープンサンド

<俺の朝食>です。今回はスクランブルエッグオープンサンドです。家事と言えば料理、と思うは男性は多いかと思います。料理に挑戦される男性は、夕食を作る場合も多いようですが、「男の家事講座」では朝食をおすすめしています。その理由は @手軽に作れる A早起きする必要がありますが、妻に喜ばれる などがあります。休日の朝、ちょっと早起きして朝食に挑戦してみませんか?
今回は、たまご料理の定番「スクランブルエッグ」でオープサンドを作ります。たまごは、必須アミノ酸のバランスがよく栄養食材。白身は加熱する方が吸収力がアップします。「コレステロールが気になる?」という方はご心配なく。最近の研究では、玉子2、3個食べても問題ないそうです。むしろ。高齢女性に多いタンパク質不足による「新型栄養失調」などに注意した方が良いようです。

スクランブルエッグオープンサンド1.JPG

●道具:フライパン、箸、オーブントースター
●材料(2人前):卵2個、食パン2枚、スライスチーズ1枚、ドライトマト(オリーブ油漬け)、バター(マーガリン)大さじ1(適量)、マヨネーズ、塩こしょう

フライパンで溶き卵かき混ぜるだけ

1:フライパンにバターを入れて火をつけます。卵を溶き、軽く塩こしょうで味付け。

スクランブルエッグオープンサンド3.JPG

2:「1」のバターが溶けたら、溶き卵を入れて、箸でかき混ぜます。

スクランブルエッグオープンサンド2.JPG

3:卵がぼろぼろと固まってきたら、火を止めます。

4:食パンの上に「3」のスクランブルエッグ、ドライトマトを散し、千切ったスライスチーズ、マヨネーズをかけます。

スクランブルエッグオープンサンド4.JPG

5:「4」をオーブントースターで焼いて出来上がり!

スクランブルエッグオープンサンド5.JPG

<ポイント>
トースターで焼くのでスクランブルエッグは少し柔らかめで。

<豆知識>朝食
朝・昼・夕の食事。各食事までの時間では、一般的に「夕→朝」の時間が一番長いのです。つまり、それだけカラダは栄養とエネルギーを求めているといえます。
バランス良いが食事が理想ですが、中でも朝食では「糖質」と「タンパク質」が重要です。脳のエネルギーはブドウ糖ですが、朝は枯渇気味です。また、タンパク質は、体温を上げて目覚めをよくする栄養素です。

<豆知識2>
関西風玉子サンド:玉子焼きをパンにはさむ。
関東風玉子サンド:ゆで玉子のみじん切りを調味してパンにはさむ。

今回使用した「カゴメ ドライトマトオイル漬け」一瓶で2人前のパスタやピザ、サンドイッチなどのトッピングにいろいろ使えました。

カゴメ ドライトマトオイル漬け 110g瓶

新品価格
¥491から
(2015/5/7 10:08時点)




<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 10:28 | TrackBack(0) | 料理:俺の朝食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。