2014年12月02日

大根と厚揚げと小松菜のとろり煮

今回の「俺の一品」は大根と厚揚げと小松菜のとろり煮です。冬の野菜をたっぷり使った煮物です。生姜を入れて片栗粉でとろみをつけましら。寒い冬にカラダがあったまる一品です。

大根と厚揚げと小松菜の煮物.JPG

●道具:鍋、小鍋、ザル
●材料(2人前):大根10センチ(適量)、小松菜1束、厚揚げ1個、生姜1/2片、水500cc、鰹だし顆粒小さじ2、しょう油大さじ2、みりん大さじ2、片栗粉(適量)


水菜は下ゆで

1:大根と厚揚げを食べやすいサイズに切る。小松菜は4等分ぐらいに切る。

2:鍋に水を入れて大根を入れて煮る。

3:「2」少し時間がたってから、厚揚げとしょう油、鰹だし顆粒、みりん、すりおろし生姜を入れる。

大根と厚揚げ煮る.JPG

4:「1」の小松菜は軽く下ゆでし、水で流し、水気を切っておく。

小松菜下ゆで.JPG

5:「3」の大根が煮えたら、水とき片栗粉でとろみをつける。

6:器に「4」の小松菜と「5」の大根と厚揚げを盛り、煮汁をかける。

<豆知識>小松菜の栄養
実はほうれん草よりもビタミンA・ビタミンC・カルシウムを多く含む、栄養価の高い緑黄色野菜です。

■ビタミンA
肌や粘膜の健康の維持や、暗いところの目の調節機能を高めます。
■ビタミンC
コラーゲンの生成に必要な栄養素です。皮膚や粘膜の健康に役立ちます。風邪の予防に抗酸化作用もあり、動脈硬化や心疾患などの予防に期待できます。水溶性のビタミンで加熱に弱い。鉄分の吸収を高めます。
■鉄分
血の元になります。貧血予防
■カルシウム
骨や歯の形成を助けます。イライラの発生を防ぎます。ほうれん草の約4倍も含まれています。
■カリウム
塩分の排出を促します。

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 10:32 | TrackBack(0) | 料理:俺の一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。