2014年11月06日

穴子の蒲焼き丼

今回の<俺の丼>は、穴子の蒲焼き丼です。下ごしらえ済みの穴子が手に入ったので「うな丼」のタレで蒲焼き丼にしました。正直、ほとんど手間をかけていません(笑)

穴子の蒲焼き丼.JPG 穴子.JPG

●道具:フライパン、落としぶた(重みのあるもの)
●材料(2人前):ご飯2人前、穴子(下ごしらえ済み)、うな丼のタレ、オリーブオイル(orサラダオイル)

落としぶたで、反り返るのを防ぐ

1:フライパンに油を入れて火をつける。

2:フライパンに油を少しいれて、穴子の身を並べます。

IMG_0968.JPG

3:加熱すると身が反り返るので、落としぶたをします。

IMG_0969.JPG

4:両面が焼けたらタレを入れて弱火にします。

IMG_0972.JPG

5:タレがからんだら、ご飯に盛って出来上がり。

<豆知識>穴子の栄養
鰻に比べて低カロリーです。EPA/DHAが豊富です。ビタミンAが極めて多く、他の魚と比べて100倍近く含まれています。100gの穴子で1日の必要摂取量を摂ることができます。

■ビタミンA
肌や粘膜の健康の維持や、暗いところの目の調節機能を高めます。
■EPA(エイコサペンタエン酸)
中性脂肪の低下や血小板凝固の抑制効果が期待されます。
■DHA(ドコサヘキサエン酸)
脳に多く含まれる必須脂肪酸です。脳を活性化し、アルツハイマー病の予防に効果があるとされています。
■タンパク質
筋肉や臓器を作ります。
■カルシウム
骨や歯の形成を助けます。イライラの発生を防ぎます。

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 10:10 | TrackBack(0) | 料理:俺の丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408417310

この記事へのトラックバック