2014年10月02日

老後(定年後)の家事_一人前のじじい

「男の家事講座:日記」128回目のテーマは「シリーズ、老後(定年後)の家事」。第6回目の記事は一人前のじじいです。「一人前のじじい? なんじゃ、それ?」と思ってしまうかもしれませんが、「妻のアンケートデータ」に基づいた、きちんと理由があります。

        熟年夫婦.png

一人前(いちにんまえ)とは?
本来は「広辞苑」などの引用が良いのでしょうが、ネット時代ですので「goo辞書」で検索しました。

■いちにん‐まえ〔‐まへ〕【一人前】

1: 一人に割り当てる量。ひとりぶん。ひとりまえ。「―の料理」
2: 成人であること。また、成人の資格・能力があること。ひとりまえ。「―のことを言う」「―に扱う」
3: 技芸・学問などが一応の水準に達していること。「―の医者」

引用:goo辞書より
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/12634/m0u/

「2」「3」を「男の家事講座」的に解釈すると「老後を迎える1人の大人として、家事の水準・能力がある。ということになります。

1人前の男
シリーズの第1回「定年の1年前からはじめておくべきこと」で紹介した「博報堂のアンケート調査」を振り返ってみます。

【問】定年後に「夫が努力すべきこと」

【A】妻の回答
 1位:家事への協力(41.0%)
 2位:趣味を持つ(38.5%)
 3位:自分の身の回りのことを自分でする(35.5%)

奥様の本音 「せめて、最低限の自分のことは自分でできるようになって欲しい。子供じゃあるまいし・・・」ということなのです。

これだけは、やれるようになっておきたいこと。

@1日〜2日分の自分の食事の用意と後片付けができる。
奥様が友達と日帰り旅行や小さな旅行に安心してできる能力。
気持ちよく妻を送り出しましょう。

A自分の着替え、食材などの置き場者の把握。
自分でお茶を淹れられる、着替えの用意を自分で探して準備できる能力。

B病人にいい食事の準備
奥様が風邪などで、具合の悪いときに良い食事。
おかゆ、うどんなどが作れる。

C自分の健康に関する知識
成人病などの栄養に関する知識。

D簡単な掃除
掃除機がけや、立ち小便の方はトイレ掃除など。

目指そう!一人前のじじい!
自分でできるようになると、奥様の負担も軽くなります。最後、自分が先に死ぬとは限りません。老後の家事とは、夫婦で楽しく生きていくことと、1人になって生きていけること、なのです。

<老後の家事:関連記事>
シリーズ:老後(定年後)の家事_定年の1年前からはじめておくべきこと
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/404581603.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_24時間365日働けますか?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/404849899.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_がんばらない家事
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/405443150.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_夫婦の信頼関係
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/405600582.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_妻の家事ハラ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/406103701.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



posted by 男の家事講座 at 09:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。