2014年09月24日

B級感たっぷり!焼き蕎麦

今回の<俺の一品>は、B級感たっぷり!焼き蕎麦です。焼きそばといえば、中華めんか、焼きそばめんを使いますが、今回は生の袋入り「和蕎麦」を使います。味は醤油ベースの甘だれ、スルメの天ぷらも使って、もうB級満載の焼きそばです。

焼き蕎麦.JPG

●道具:フライパン、ザル、玉子焼き器
●材料(2人分):和蕎麦2つ、卵1個、白ねぎ1/4本(青ねぎ)、スルメの天ぷら(おつまみ)醤油大さじ1/2、麺つゆ大さじ2(濃縮タイプ)、みりん大さじ1、砂糖小さじ2、オリーブオイル(orサラダ油)

おつまみの定番「スルメの天ぷら」がポイント

1:ネギを輪切り。スルメの天ぷらを刻む。
※天かすでもよい。コクが出ます。

IMG_0722.JPG

2:卵を溶いて、玉子焼き器で薄焼き玉子を焼いて、短冊に切る。

DSC01550.JPG

3:醤油、麺つゆ、みりん、砂糖の合わせ調味料を作る。

4:そばを水で軽く洗い、水気を切る。
※そのままだと、めんがくっついているので、ほぐれやすくします。

IMG_0724.JPG

5:フライパンに油をいれ、「1」のネギ、「4」のそばを炒める。

6:そばに油がなじんできたら、「3」の調味料を入れて炒める。

IMG_0727.JPG

7:器に「6」を盛り、「2」の玉子、「1」のスルメの天ぷらをトッピングする。

<豆知識>蕎麦の栄養

■糖質
体を動かすエネルギー源になります。
■タンパク質
ゆで蕎麦でも米の2倍のリジンが含まれる。
■ポリフェノール:ルチン
高血圧や糖尿病の予防効果。
■ビタミン
B1、B2が多い。

<豆知識>瓦そば
山口県下関市豊浦町の郷土料理。熱した瓦の上に茶そばと具をのせた料理。西南戦争の時に熊本城にろう城した薩摩軍の兵士が野戦の合間に食べた「瓦を調理器具に使った料理」をヒントに高瀬慎一氏が開発したといわれる。


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。

おうちごはん ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 09:46 | TrackBack(0) | 料理:俺の一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405928947

この記事へのトラックバック