2014年07月24日

えのきポン酢、青じそまみれ

今回の<俺の副菜>は、えのきポン酢、青じそまみれです。一度「100円レシピ_えのきポン酢」で紹介していますが、アレンジ違いです。えのきは、ビタミンB群や食物繊維が豊富。青じそは、ビタミンA(カロテン)の多さは、トップクラスです。今回は、青じその香りとごま油の香りを効かせた食欲を刺激する副菜にしました。

IMG_0217.JPG

●道具:小鍋、ザル
●材料(2人前):えのきだけ2袋、青じそ10枚(好きなだけ)、青ネギ2本(なくてもよい)、ポン酢大さじ2、麺つゆ大さじ2(濃縮タイプ)、ごま油小さじ2


切る、茹でる、合える、以上!

1:えのきの根を切ります。袋のごと切ってしまうと、ほぐれず便利です。青じそは細義理、青ネギをみじん切り。

2:小鍋で水を沸騰させ、「1」のえのきを30秒〜1分ほど茹でます。茹で上ったら、ザルにとります。

DSC03662.JPG

3:「2」を器に盛りつけ、「1」の青じそとねぎをトッピングし、ポン酢・麺つゆ・ごま油の合わせダレをかけます。


<豆知識>
<えのきだけの栄養>
えのきだけは、1年中生産される工場野菜です。安定した価格が魅力ですが、鍋シーズンの秋冬は需要が高まり価格が上がります。ビタミンB1、B2、ナイアシン、食物繊維が豊富です。ビタミンB群は、糖質や脂肪の代謝に関わります。食物繊維は、腸の働きを刺激し便通をよくします。コレステロールや脂肪の吸収を抑え、有害物質の排出を促します。食物繊維は、100g中に3.2gの含有量があります。因に1日の食物繊維の摂取目安は、20〜25gです。

<青じその栄養>
ビタミンA、B1、B2、C、鉄分、カルシウムが豊富な栄養価の高い野菜です。「香りづけ」というより、食べる野菜としてしっかり食べたいものです。


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ




ラベル:えのきポン酢
posted by 男の家事講座 at 07:38 | TrackBack(0) | 料理:俺の副菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。