2014年03月08日

水菜とベーコンの和風ペペロンチーノ

<俺の一品>は水菜とベーコンの和風ペペロンチーノです。サラダの生食が多い水菜ですが、火を通してもおいしい旬(冬〜早春)の野菜です。今回は、水菜とベーコンを使った和風のペペロンチーノです。水菜のシャキシャキ感が魅力の大人のスパゲティ。しかも猛烈に簡単です。

DSC02865.JPG

●道具:大鍋、フライパン、ザル、炒めヘラ
●材料(2人前):パスタ200g、塩、水菜1株、ニンニク1片、ベーコン2〜4枚(好み)、麺つゆ大さじ2(濃縮タイプ)、塩こしょう、オリーブオイル大さじ2(適当)
※麺つゆがなければ、鰹だし顆粒小さじ2と醤油大さじ1/2

具材とパスタをからめる。

1:鍋に水と塩を入れ強火。沸騰したら、パスタを投入。
※パスタ100gにつき水1リットル、塩5gが目安。

2:水菜の根を切り、4センチぐらいの長さに切る。ベーコンを小口切り。ニンニクをみじん切り。

3:フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて弱火。

4:「3」にニンニクの香りが出たら、「2」のベーコンを入れて炒める。

DSC02856.JPG

5:「4」のベーコンの油が出てきたら、「2」の水菜の3/4を入れて炒める。1/4は、葉先を残しておく。

DSC02857.JPG

6:「5」に塩こしょう・麺つゆで味つけ。

7:「6」に茹で上った「1」のパスタを入れて、具をからめる。皿に盛りつける際、「4」の残り1/4の水菜を生のままトッピングする。
※生の水菜が爽やかな食感と心地よい苦みを演出します。

DSC02863.JPG

<豆知識>水菜
ビタミンCやカロテン、カルシウム、鉄分が豊富。火を通すとビタミンCガ半分になりますが、100gで1日の所要量の1/2近くを摂取できます。カロテンは2/3、カルシウムは1/4、鉄分は1/7。不溶性の植物繊維で整腸作用が見込めます。


<野菜が主役のパスタ:関連記事>
DSC01020.JPG
【レシピ】カルシウムとDHA/EPAたっぷり「春キャベツとオイルサーディンの和風スパゲティ」

<水菜レシピ:関連記事>
DSC02883.JPG
ピリッ辛!旨い!!水菜のからしおひたし


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ




posted by 男の家事講座 at 09:57 | TrackBack(0) | 料理:俺の一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。