2014年03月03日

汚れにくい住まいの技_新生活・新居_Vol.1

今回は汚れにくい住まいのテクニック_新生活・新居です。4月は新生活や新居のシーズンです。新しい住まいにワクワクしながら「インテリアはどうしよう?」などを考えるのは楽しいですね。「男の家事講座」では、様々なお掃除テクニックを掲載しています。今回は、ほんのひと手間で、汚れにくいor汚れても掃除しやすくなるテクニックを紹介します。もちろん、すでに生活している方でも遅くはありません。少し長くなるので、2回にわけます。

家.gif

❶フローリング ❷収納(押し入れ) ❸エアコン

<汚れにくい住まい:関連記事>
汚れにくい住まいの技_新生活・新居_Vol.2

「防汚掃除」のメリットは、大きく3つ。
「男の家事講座」では、汚れる前の掃除を「防汚掃除」と呼ぶことにします。「防汚掃除」をすることで、下記のメリットがあります。

@住まい設備の寿命延長。ランニングコストの低減と資産価値の維持。
A清潔な状態を保ち、健康に暮らせる。
B便利で快適な暮らしの実現。

入居前のひと手間で、キレイが持続!
賃貸住宅ならクリーニング業者による<クリーニング済み>。新築の分譲住宅なら、もちろん<新品の住まい>です。ひと手間のポイントは、「汚れをつきにくくする」「汚れても掃除しやすくする」ことなのです。


❶フローリング
リビングや廊下、トイレ、洗面所など、フローリングにワックスをかけておくと、次回からのメンテナンスがラクになります。特に、家具もない入居前の施工がおすすめです。

DSC02524.JPG DSC02520.JPG

<メリット>
@傷がつきにくい。
A汚れはワックスの上につくので、剥離すれば元に戻る。
B光沢などでキレイに見える。

床ワックスの剥離とワックスがけ。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/383852941.html

❷収納(押し入れ)
押し入れに<すのこ>を入れておきます。すのこを使うことで、空気の通り道を作り、カビの発生を抑えます。特に新築マンションの場合、コンクリートが完全に乾いていないので、敷いておくことをおすすめします。

DSC01982.JPG DSC01596.JPG

<メリット>
@防カビ効果。
A荷物を直接置かないので、傷がつきにくい。

衣替えの季節、押入れの掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/375391148.html
すのこで、押し入れの防カビ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/368177398.html


❸エアコンのドレンホース
エアコンの室外機につけられる排水用の「ドレンホース」ですが、すぐにバキバキになった経験はありませんか?その原因は「紫外線劣化」です。ドレンホースにビニールテープを巻くことで、ドレンホースの寿命を延ばすことができます。

DSC01046.JPG DSC01045.JPG

<メリット>
@ドレンホースの寿命延長。

エアコン室外機 ドレンホースの劣化防止
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/359009020.html


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 10:13 | TrackBack(0) | 掃除:雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390354954

この記事へのトラックバック