2014年03月02日

おやじは、腸やばい!

「男の家事講座:日記」86回目のテーマはおやじは、腸やばい!です。「男の家事講座」では、家事(料理)を通して、自分の健康に関心をもっていただきたい、と思っています。肉好き!野菜嫌い!濃い味好き!揚げ物好き!・・・まぁ、管理人も好きなのですが、やっぱり気をつけないといきない食生活。料理は、おいしいだけでなく、生命を維持するための大切な仕事なのです。下記は、管理人手づくりの「自家製カスピ海ヨーグルト」です。写真は休日バージョンですが、ヨーグルトは毎朝の食卓に並びます。

DSC02821.JPG

おやじの死亡原因。
厚生労働省「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況」をみますと、平成23年の死亡数・死亡率(人口10万対)を死因順位別の第1位は悪性新生物で35万7185人、283.1、第2位は心疾患19万4761人、154.4、第3位は肺炎12万4652人、98.8、第4位は脳血管疾患で、12万3784人、98.1となっています。

主な死因別死亡数の割合(平成23年)

死亡割合.gif

なかでも悪性新生物が急激に増加していています。

死亡原因.gif

悪性新生物とは?
一般的には「ガン」と呼ばれています。中でも増加中の部位は「肺」と「大腸」です。今回のブログでは「大腸」に注目します。あなたは、奥様や彼女に「おならやウンコが臭い」と言われたことはありませんか?これは、腸内環境悪化のシグナルかもしれないのです。腸内環境を整えることで「がん」の発生を抑えることが期待されています。

悪性新生物部位.gif

腸内環境を整える。
腸内環境を整えるには腸内の善玉菌を増やすことがよいとされています。そのためには、大切なのは食生活なのです。「男の家事講座」では、いろいろな切り口で記事を掲載しています。下記の<腸内環境:関連記事>を参照ください。

1:野菜を食べる。
2:オリゴ糖を摂取する。
3:ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品を食べるなどがあげられます。


データ出展:出展厚生労働省「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況」より
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/kekka03.html

腸内環境改善のメリット。

1)アレルギー体質の改善
2)ガンに対する免疫力アップ
3)風邪などに対する免疫力アップ
4)便秘・冷え性・肌荒れの改善
5)善玉菌のビタミン生成
6)血流の改善

■がんを防ぐための12か条(日本国立がんセンター)
@バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)
A毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)
B食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
Cお酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)
Dたばこは吸わないように(受動喫煙は危険)
E食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)
F塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
G焦げた部分はさける
I日光に当たりすぎない
J適度に運動をする(ストレスに注意)
K体を清潔に

<腸内環境:関連記事>
腸内環境の改善に!砂糖の代わりにオリゴ糖。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/360413884.html
男の家事講座流「菌活」
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357987531.html
菌活+食物繊維で、腸内環境を整える。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/374854902.html
「俺の朝食」Vol.2_カスピ海ヨーグルト
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/356619873.html
旨い!安い!W菌で健康にもいい!キムチ納豆
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/373786641.html
インフルエンザ対策に、フェカリス菌
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/382081408.html

▼「共感した」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 10:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。