2013年12月12日

はじめての家事ドリル4

「男の家事講座:日記」66回目のテーマははじめての家事ドリル4です。「はじめての家事ドリル」は、これまで家事をしたことがなかった男性(夫)のために、できそうなことから少しずつ参加してもらうためのプログラムです。家事は継続也です。気まぐれに家事をしても、家事とはいえません。「男の家事講座」では“アテにされる家事”が大切だと考えています。

 
週1日の掃除。
奥様の家事に対する「ありがとう!」の感謝の言葉から始まり、もう3週間が経ちました。「もうそろそろ、家事らしいことをやらせろよ!」と読者の方は思われている頃でしょう。奥様の方も「うちの旦那、少し変わってきたのかな?」と思っているかもしれません。

そうです!いまが家事参加への好機なのです!

おやじよ、便器を掃除せよ。
「なぜ?便所掃除なのか?」その理由はシンプルです。「汚したらキレイにする」が掃除の原則。あなたは、小便をどのような姿勢で行いますか?「立ってする」と答えたあなたは、便所汚しの犯人なのです。小林製薬の「トイレ掃除とトイレ空間に関する意識・実態調査」では、嫌いな家事1位の「トイレ掃除」の担当は、76.4%が妻。「夫に掃除してもらいたい」が30.6%。理由は「自分が汚しているわけではない」が35.6%と高い値が出ています。

小林製薬「トイレ掃除とトイレ空間に関する意識・実態調査」
http://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2013/131206_01/index.html

家事とは、家族が快適に過ごすための活動。だからこそ、誰もが好んでしないトイレ掃除からはじめてみてください。奥様の信頼もぐっと増してくるはずです。
経営の神様と言われた松下幸之助も「便所掃除の大切さ」を社員教育の一貫としていたそうです。
トイレの掃除法については「クエン酸と重曹で、トイレの掃除。」に掲載していますので参考にしてください。


松下幸之助物語「便所掃除」
http://panasonic.co.jp/founder/story/2-2.html
クエン酸と重曹で、トイレの掃除。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/364129048.html

今週のドリル。
おやじよ、便器を掃除せよ。

ドリルのおさらい。
ドリル1:奥様の家事に「ありがとう!」を言う。
ドリル2:男性が最初にすべきマスト家事は「ゴミ出し」。
ドリル3:休日の買い物「重たいものは、俺が持つよ」と一声かける。


<はじめての家事ドリル:関連記事>
はじめての家事ドリル1
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/380774891.html
はじめての家事ドリル2
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/381450741.html
はじめての家事ドリル3
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/381929001.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 09:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。