2013年11月21日

はじめての家事ドリル1

「男の家事講座:日記」58回目のテーマははじめての家事ドリル1です。57回の日記「男の家事のやりにくさ」を語ってみる。では、「家庭ごとに流儀があって、家事に正しいやり方はない」と述べましたが、「では、何からはじめたらいいのか?」という意見をいただきました。そこで、これから週1回
を目標に「小さなことからできる家事」を1つずつ紹介していきます。

家事は一日にしてならず。
最初にいいますが「これが正解」ではありません。管理人の経験と調べた各種アンケートデータに基づいて「これからはじめるのがいいのでは?」という提案です。とはいえ、トライする以上、下記の3点は心がけてください。

@家事は継続也。やりはじめたら、途中でやめない。
Aできそうにないことは、無理してやらない。「これは無理」と思ったら、飛ばしてください。
Bあれもこれも一挙にやろうとしない。多分、続きません。

では、はじめましょう!

妻に「ありがとう!」を言う。
家事をしてくれる奥様に「ありがとう!」の感謝の気持ちを言葉にしましょう。先ほどAできそうにないことは、無理してやらない。と書きましたが、これは必ず行ってください。あなたが家事参加するにあたって、奥様との信頼関係なくして成功はありません。今まで家事をしてこなかった訳ですから「今日から、俺も家事を手伝う」と言っても信用されません。まずは「家事に感謝する」ことから、はじめてみましょう!

@朝食の準備を用意してくれた時に。「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」
Aお弁当や洋服の準備をしてくれた時に。「ありがとう」
B夕食の準備ができた時に。「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」
Cその他、お茶などを出してくれた時に。「ありがとう」

今週のドリル。
今日から1週間。奥様の家事に「ありがとう!」を言う。

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 09:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。