2013年09月29日

室内ドアの掃除

今回は、室内ドアの掃除です。室内ドアを定期的に掃除すると、見た目がすっきりとします。<豆知識>では、ドアノブの静電気防止術を紹介します。

DSC02046.JPG DSC02058.JPG

ドアの種類は、大きく2つ。
室内ドアには、大きく @木製ドア(写真左) A塩ビシート化粧合板製ドア(写真右) があります。木製ドアは、できるだけ乾拭きでの掃除を行います。

道具:雑巾、中性洗剤、マイクロファイバークロス、クレポリメイト、スポンジ、ボロ布

@木製ドア

1:乾いた雑巾、もしくはマイクロファイバークロスでほこりなどを拭き取る。

DSC02043.JPG

2:汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めて固く絞った雑巾で拭き上げる。
※「2」の作業を行った場合は、よく乾燥させる。

3:スポンジにクレポリメイトをスプレーし、拭き上げる。

DSC02044.JPG

4:ボロ布で仕上げ拭きをする。
※コーティング作業には、使い古した綿の靴下を愛用しています。

DSC02045.JPG

塩ビシート化粧合板製ドア

1:乾いた雑巾、もしくはマイクロファイバークロスでほこりなどを拭き取る。

2:スポンジにクレポリメイトをスプレーし、拭き上げる。

3:ボロ布で仕上げ拭きをする。
※コーティング作業には、使い古した綿の靴下を愛用しています。


クレポリメイト(クリア)
テレビCM「KURE 5−56」で有名な呉工業の車、住まいの保護ツヤ出し剤。シリコンコーティングにより、ピカっ!と光沢のある仕上がり感を実現します。特に!僕がおすすめする理由は、コーティング後のメンテナンス性と耐久性のアップです。ワックス効果と同じで「コーティング表面に汚れが付着する」ために、次回の掃除が格段にラクになります。しかもUV吸収剤により紫外線もカット。紫外線による家具や建具の色アセや、紫外線劣化の進行を遅らせます。
※塗布後は滑りやすくなるので注意!床などへの使用は厳禁です。

4070.jpg

掃除の後の仕上げは「クレポリメイト」仕上がり感・メンテナンス性・耐久性が大幅アップ!
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357285985.html

<豆知識>ドアノブにご用心、冬のバチッ対策!静電気防止水
乾燥する冬、ドアノブの「バチッ!」と静電気が起きたことがありませんか?リンスを水で10倍に薄めた「静電気防止水」をフキンに塗布し、ドアノブを拭くと静電気が起こりにくくなります。100円ショップで売っている化粧水のミストスプレーに入れておくと便利です。

▼クレポリメイト<クリア>はこちら!

呉工業 クレポリメイト(クリア) 保護ツヤ出し剤 250ml

価格:609円
(2013/4/26 10:38時点)
感想(0件)





▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




ラベル:ドアの掃除
posted by 男の家事講座 at 10:43 | TrackBack(0) | 掃除:家具・家電・建具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。