2013年09月20日

6人に1人が栄養失調?女性に急増!新型栄養失調。

「男の家事講座:日記」41回目のテーマは6人に1人が栄養失調?女性に急増!新型栄養失調。です。「男の家事講座」では、家事の視点で「料理の栄養面についての重要性」を指摘しています。今回は、高齢者で急増している「新型栄養失調」についてご紹介します。


肉を食べないのは、健康によくない。
「健康のために野菜をしっかり食べる」ことは広く認知されていますが、「肉は体に良くない」と思っている高齢者が多いようです。実は、身近な例で管理人と妻の母親がそう思っていました。
新型栄養失調の原因は、血液中の「アルブミン」という物質の低下に由来します。アルブミンが低下すると、血管内の血液量が減ったり、血管外に水が溜まったりします。このアルブミンは、タンパク質から作られる物質です。また、タンパク質の欠如は、筋力や骨の弾力維持、免疫力の低下にも影響を与えます。

1日に必要なタンパク質。

 自分の体重             1日に必要なタンパク質量の目安
 00kg   ×  1.0〜1.1 =    00g

例えば)体重50kgの成人なら・・・・・・・・・・・・・
 50kg   ×  1.0〜1.1 =  50〜55g
になります。

動物性と植物性のタンパク質は半分ずつ
バランスの良いタンパク質の摂取は、動物性と植物性が半分ずつ、といわれています。いろんな食材をバランスよく食べる、ことが大切です。

■動物性食材100g中に含まれるタンパク質
卵:12.3g / 鶏モモ:16.2g / 牛モモ:18.9g / 豚モモ:20.5g

■植物性食材100g中に含まれるタンパク質
木綿豆腐:6.6g / 食パン:9.3g / ごはん:2.5g / じゃがいも:1.5g  / 納豆:16.5g
スパゲティ(乾麺):13.0g / そば(ゆで):4.8g / うどん(ゆで):2.6g


<動物性と植物性タンパク質を考えたレシピ>
下記のレシピは、女性にうれしいイソフラボンがたっぷりの豆腐と、低カロリーな鶏ミンチを使ったレシピです。おいしいだけでなく「健康にも気を使った料理」は、家事の視点でとても大切なことです。奥様のために作ってみてはいかがですか?

新型栄養失調対策_高タンパク&イソフラボンたっぷり「豆腐と鶏のあっさり炒り煮」
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/366237778.html
お弁当にもぴったり、豆腐ハンバーグのケチャップ煮
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/373030380.html
イソフラボンたっぷり、中華あんかけ豆腐ハンバーグ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/372920083.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




ラベル:新型栄養失調
posted by 男の家事講座 at 10:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。