2013年09月05日

結婚男女の家事分担を語ってみる。

「男の家事講座:日記」36回目のテーマは結婚男女の家事分担を語ってみる。です。35回の日記「家族の幸せは、家事参加に比例する。」では、夫の家事参加が高い家庭は、夫婦共に幸福感が高く。夫の家事参加が低い家庭は、夫婦共に幸福感が低い。という結果についての「男の家事講座」の見解を述べました。今回は、NHK放送文化研究所「家庭と男女の役割」世論調査を元に、男の家事講座」の見解を語ってみたい、と思います。

家族の幸せは、家事参加に比例する。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/373876675.html

結婚は幸せか?

下記は、「結婚している人のほうが、結婚していない人よりも幸せ」と思うかどうか?という質問に対して解答です。

スライド1.gif

【図1】男性の「そう思う」「どちらかといえばそう思う」が46%に対し、女性は21%。と、結婚に対する認識に大きな差が出ています。男性は、結婚は幸せ。と考えている方が多いようです。

家事負担の意識

下記は、「配偶者と自分の家事負担の割合についてどう思うか?」という質問に対して解答です。

スライド2.gif スライド3.gif

【図2】男性は、「やや少ない」「かなり少ない」が62%に対し、女性は「かなり多い」「やや多い」で68%に達しています。さらに【図3】はさらに詳しく、仕事をしている女性と、仕事をしていない女性の解答です。仕事をしている女性は、「かなり多い」「やや多い」で71%もあります。

独りよがりの幸せ

上記のデータをふまえると、家事参加をしない夫は、結婚は幸せと感じ。その配偶者は、結婚は幸せではないと感じている。という結果になります。これは日記35回の「家族の幸せは、家事参加に比例する。」とは正反対の結果です。この矛盾について「男の家事講座」では、無意識下での「男性の独りよがりの幸せ感」に問題がある、と考えています。

幸せ感のブレークスルー

幸せは、家族で共有するものと考えます。妻の幸せは、自分の幸せ。という相手を思いやる気持ちが大切ではないでしょうか?「家事をしない、自分だけラクな幸せ感」よりも「家事を共有する幸せ感」を、「男の家事講座」では伝えたいテーマのひとつです。

スライド4.gif

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




ラベル:家事の分担
posted by 男の家事講座 at 09:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。