2013年08月24日

家事の対価を語ってみる_Vol.1

「男の家事講座:日記」31回目のテーマは家事の対価を語ってみる_Vol.1です。ひょっとして、あなたは「家事は妻がやっているからタダ」と思っていませんか?ハウスクリーニングなど、家事代行業の価格を参考に、家事の対価を考えてみたいと思います。今回は、2回にわけて記事を掲載します。
※価格は大手ハウスクリーニングのWEBより。

家事の対価を語ってみる_Vol.2
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/373440109.html

家事はタダではない
プロの仕事は、ひどい汚れで素人には手に負えない状況をキレイに戻すので、それなりの価格です。しかし、プロに依頼する前に、できるだけ自分で維持ができるなら、必要のない支出ともいえます。

■キッチンクリーニング:16,800円〜
キッチンの収納庫と流し台周辺、シンク・水栓、コンロ、レンジフード表面などの掃除です。レンジフードは表面だけで、内部は別途料金になります。主に油煙汚れのクリーニングです。油煙汚れは、目に見えないので、気がつくと手に負えない状況になるのですが、週1回のお手入れでかなりキレイに保てる家事ともいえます。

<キッチン回り>
油煙は広範囲!キッチン回りの掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/370426528.html
重曹水とシリコンコーティングで、キッチン壁のピカピカ掃除!
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/354682685.html

<ガスコンロ>
ガスコンロの掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/366919722.html
ガスコンロの掃除「五徳・バーナーキャップ」
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/361154712.html
コンログリルのお手入れ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357080794.html

<シンク・水栓>
キッチンシンクの排水口の掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/363614398.html
クエン酸水で、キッチン水栓のピカピカ掃除。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/355231362.html
重曹水&重曹、クエン酸水で、キッチンシンクの掃除。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/355150864.html
「ブリーチ水」で、キッチンの排水口をカンタン脱臭・除菌!
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/356063645.html

<換気扇回り>
換気扇のお掃除Vol.1_レンジフード編
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/356880482.html
換気扇のお掃除Vol.2_換気扇フィルター編
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357541445.html

■換気扇クリーニング:17,800円〜
タールのようについた油煙を専用洗剤でキレイに洗浄します。3年ぐらい掃除していない場合、1回の掃除では素人には手に負えないかもしれません。「男の家事講座」では、3ヶ月に1回の掃除を推奨しています。

換気扇のお掃除Vol.3_換気扇ファン編(3〜4ヶ月に1回)
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/362461510.html


■エアコンクリーニング:12,400円(1台)〜
ホコリ除去と熱交換器周辺の高圧洗浄後に、抗菌・防カビ処理(追加料金)を行います。クリーニング後は、熱効率が改善し、電気代の節約になります。ただし、最もカビを繁殖するクロスフローファンの掃除はないようです。※クロスフローファンの掃除は、故障する場合があるので、クリーニング対象としない場合が多いようです。

防カビ&節電対策、エアコンの掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/366005823.html


ハウスクリーニングはチカラ仕事
管理人は学生時代にハウスクリーニングのバイトをしていました。私見ですが、作業工程を考えるなら妥当な価格だと考えます。「家事はチカラ仕事」なのです。上記紹介の作業でも、特にキツイの掃除にをつけました。
もしあなたの家が持ち家なら、定期的な掃除は、設備のランニングコストを下げることになります。積極的に参加することで、家事は資産価値面でも重要なのです。

<豆知識>家事を年収に換算すると・・・・
カナダの専業主婦では、家事の換算額が1200万(1日13.5時間労働)、ワーキングマザーが770万というデータがあります。日本の場合、専業主婦の家事労働時間は7.5時間、共働き家庭の妻は4.5時間(「日本の女性データバンク」財務省印刷局)となっています。少し乱暴ですが、仮に時給900円とすれば1日6750円。家事は基本休みがないので、6750×30=20万2500円/月で、年収243万相当になります。もし「深夜残業」「休日出勤」「24時間待機」の考え方を導入すれば、さらに換算額はハネ上がります。
家事の大変さ・大切さを感じていただくために、お金に換算してみましたが、「男の家事講座」で伝えたいことは「家事は、家族の幸せのためにする仕事」である、ということ。家事の一番の報酬は「ありがとう!」という感謝の気持ちだと考えます。


▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 10:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372835434

この記事へのトラックバック