2013年07月27日

「俺の丼」Vol.8_味噌辛舞茸もやし丼

野菜が高くなっています。いま手に入る安価な野菜で丼を作ります。「俺の丼」Vol.8は、味噌辛舞茸もやし丼です。

DSC01348.JPG

猛暑で野菜が高騰!いま、安い野菜は何?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/369671458.html

●道具:炒め用フライパン、炒めヘラ、おたま、包丁
●材料(2人分):ご飯2人前、舞茸1つ、もやし1袋、豚ひき肉200g。ニンニク1片、ショウガ1片(ニンニクと同量)、水500cc、醤油大さじ1、中華スープ大さじ1、酒大さじ1、片栗粉大さじ1、砂糖大さじ1/2(オリゴ糖大さじ1/2)、合わせ味噌大さじ1.5、甜麺醤大さじ1(八丁味噌でもOK)、豆板醤小さじ2、オリーブ油大さじ2、ごま油小さじ2

※俺のレシピでは「オリーブ油」を使用しますが、サラダ油でOKです。
※男の家事講座では「オリゴ糖」を推奨しています。
腸内環境の改善に!砂糖の代わりにオリゴ糖。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/360413884.html


舞茸の出汁が旨い!

1:フライパンにオリーブ油、みじん切りしたニンニク・ショウガを入れて弱火。

2:フライパンに香りが出たら、中火にして、ひき肉を投入し炒める。

3:ひき肉をぽろぽろに炒めたら、豆板醤と甜麺醤を投入し炒める。

4:ひき肉と豆板醤・甜麺醤が合わさったら水を投入し、強火。

5:舞茸の根を切り、手で裂く。

6:「4」が沸騰したら、中華スープ、醤油、酒、砂糖、味噌を加える。
※ここで味見をして好みに調節。

6:「6」に、「5」の舞茸ともやしを入れる。

DSC01347.JPG

7:「6」の具材に火が通ったら、香りのごま油を回しかけ、弱火に。水溶き片栗粉を
 少しずつ加えながら、トロミをつける。

<豆知識>舞茸の栄養 100g
食物繊維3.5g / ビタミンD 3mcg ビタミB1 0.25mg / ビタミンB2 0.49mg / カリウム330mg

■効能:高血圧の予防・肥満予防・便秘の改善・肝機能の活性化・糖尿病の予防・コレステロール値の減少による動脈硬化や心筋梗塞の予防

■栄養価の高いキノコ 100g
カリウム含有率   1位:エリンギ 460mg
ビタミンD含有率  1位:キクラゲ 39mcg  舞茸3位
ビタミンB1含有率 1位:ヒラタケ 0.4mg  舞茸2位
ビタミンB2含有率 1位:舞茸 0.49mg


■おすすめ中華スープ「味覇(ウエイパァー)」
半練りタイプの中華スープの素。ラーメンスープ、チャーハン、野菜炒めなど、
麻婆豆腐など、中華料理に使える万能スープです。もともとは、神戸の中華街の
「廣記商行」で販売されていたのが「おいしい」と評判になったもの。

DSC00892.JPG

「味覇(ウエイパァー)」はこちら↓

味覇(ウェイパー) 缶 500g

新品価格
¥830から
(2013/4/23 17:41時点)





▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。

おうちごはん ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




posted by 男の家事講座 at 09:11 | TrackBack(0) | 料理:俺の丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。