2013年05月14日

ガスコンロの掃除「五徳・バーナーキャップ」

「ガラストップコンロ」が普及する昨今、ちょっと旧式タイプのガスコンロのお手入れです。今回は「五徳とバーナーキャップのお手入れ」を紹介。「男の家事講座」ならではの女性がしない必殺技(多分)を公開します。

■掃除前                       ■掃除後

DSC01149.JPG DSC01155.JPG

<関連記事>
ガスコンロの掃除
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/366919722.html
コンログリルのお手入れ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/357080794.html


●使用道具:重曹水、WD40(もしくはクレ5-56)、使い古した歯ブラシ、スポンジ、ふきん、ラップ、スーパーのビニール袋、キッチンペーパー

五徳・バーナーキャップは鉄

1:五徳は重曹水をかける。油汚れがひどい場合は重曹ペーストを塗る。

DSC01146.JPG

2:しばらく放置後、スポンジなどでこすりながら水洗い。

3:ビニール袋内にラップをしき、パーナーキャップをセットする。WD40(クレ5-56)を散布し、歯ブラシで磨く。※肌が弱い方はゴム手袋を使用する。

DSC01151.JPG DSC01153.JPG

4:磨いた後は、ラップにくるみ、10分ぐらい放置。

DSC01152.JPG

5:キッチンペーパーで油を拭き取る。

6:コンロにセットし、空焼きする。

DSC01156.JPG

7:ガステーブル面は重曹水をスプレーし、ふきんで拭き取る。
※僕はテーブルの上にアルミの使い捨てコンロマットを使用しています。料理記事のコンロが銀色なのはそのためです。

<WD-40 VS CRC5-56>ちょっと熱く語ってみる・・・
両方とも車関係で有名な潤滑スプレー。潤滑油の用途の他に、防錆や機械洗浄に使用されます。WD−40はアメリカ、CRC5-56は日本です。「WD−40」は、米軍ミサイルのサビ保護用やNASAで採用されています。「CRC5-56」はCMで有名な呉工業の製品です。サビ落しや防サビに使用します。機能はほぼ同じですが、保護皮膜の差で僕は「WD-40」を使用しています。「CRC5-56」はホームセンターなどで購入できます。「WD−40」は、ちょっと見つけにくいかもしれません。
■WD−40:保護皮膜5ミクロン
■CRC55-6:保護皮膜2〜2.5ミクロン
WD−40の性能が良いという理由ではありません。あくまでも“保護皮膜”の観点です。バーナーキャップの保護には、精密性は必要ありません。だから保護皮膜の厚い方を使っているに過ぎません。CRC55-6は粘性の低さから“浸透性”に優れてますので、小さな部品の防サビに優れます。よって、僕は用途によって使い分けています。

防錆潤滑油 WD-40 12オンス 内容量:382ml 圧倒的な防錆力、宇宙工学が生んだ防錆潤滑剤 防錆剤 潤滑剤 潤滑油 エステー レビュー記入キャンペーン対象商品

価格:630円
(2013/5/14 09:30時点)
感想(22件)




呉工業 CRC5-56(クレ556) 320ml 1本 (1004)★エントリーでポイント5倍!5/14(火)10:00〜5/17(金)23:59まで★

価格:344円
(2013/5/14 09:35時点)
感想(9件)




<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



posted by 男の家事講座 at 09:55| 掃除:キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする