2015年04月28日

妻のために贈りたい!「母の日」は、一日休んday。

「男の家事講座:日記」147回目のテーマは子どもといっしょに!「母の日」は、一日休んday。です。5月10日の日曜日は「母の日」です。「男の家事講座」では、「ありがとう!」の感謝の気持ちの大切さを述べています。ところが、これが世の男性がなかなか口にできない言葉のようです。でも心の中では「ありがとう」という奥様への感謝も・・・。【goo「「旦那さんが奥さんに対して言いたいけど言えない本音ランキング」】では、「いつもありがとう!」が1位というアンケートデータもあります。言葉で言えないなら「行動で示す」というわけで、今回は奥様に「まる一日、ゆっくり休んでもらいましょう」という話しです。

母の日ありがとう.png

参考:goo「「旦那さんが奥さんに対して言いたいけど言えない本音ランキング」より
http://ranking.goo.ne.jp/column/goorank/41253/

「自分の母親ではなく、妻にプレゼントしたい、という夫が多い
ハピ研(アサヒグループホールディングス)の「母の日ギフト」のアンケート調査では、「母の日に誰にプレゼントをしますか?」という質問で、「妻に贈りたい!」という男性が約15%もいました。

1位:自分の母 85.3%
2位:義理の母 46.1%
3位:妻(男性のみ回答) 14.8%

ハピ研|アサヒグループホールディングス
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201204/00415/

母が欲しいプレゼントは?
同じくハピ研のアンケートで、母親への「欲しいものは?」の回答は、次の通りす。
1位:ケーキ・お菓子  25.0%
2位:家事の代行  16.3%
3位:カーネーション 15.5%
4位:メッセージカード・手紙  14.4%
5位:外食  14.4%
6位:その他の花、観葉植物  13.7%
7位:旅行(温泉) 10.3%
8位:衣料品 7.0%
9位:手作り料理 7.0%
10位:現金  6.7%

「家事の代行」「外食」「手作り料理」は、合計すると約38%のお母さんが「家事をやって欲しい」「家事から解放されたい」と思っているようです。365日家事を担当する妻の本音が垣間みられます。

「母の日(5/10)」は、日曜日。
家事を1日通してやってみることで妻(ママ)の苦労を実感してみましょう。お子さまと一緒に家事をしてみると「家事育」にもつながります。

朝:布団の片付け。朝ご飯の用意と後片付け。
  朝食は<俺の朝食>をご参考に。
  トイレ掃除・風呂掃除

昼:昼食の用意と後片付け。
  買い物(夕食の買い物。余計なものは買わず、できれば自分のこづかいで買う)
  <俺の丼>や<俺の一品>からスパゲティーなど。

3時:お茶を一緒に。用意と後片付け。
  妻の好きなお菓子を用意しておく。  

夜:夕食の用意と後片付け。風呂の用意。
  お子さまと一緒に料理に挑戦。

上記は一例です。できれば、「奥様に前もって「何をしてもらいたいか?」と聞いておくのもよいと思います。というのは、奥様の立場からすれば「普段、家事をしない人たちが、一日するわけですから、ハラハラドキドキ」ということも考えられるからです。

感謝は、言葉。
「感謝を行動で示す」というテーマで書きましたが、やっぱり「言葉は大切」です。「“いつも”ありがとう!」・・・。まとめて言おうとするから、何となく照れくさくて言えないのです。ご飯がテーブルに並んだ時に「ありがとう」、お茶を出してもらったら「ありがとう」。毎日の暮らしに「ありがとう」の言葉が大切だと考えます。

<関連記事>

●子供と作る「母の日」のレシピ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/395423906.html
●妻の誕生日に、おもてなし料理。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/374580801.html
●妻の誕生日に、おもてなし料理。Vol.2
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/394280349.html
●「主婦休みの日」を語ってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/391504129.html
●コーヒーに砂糖とミルク。あなたは、妻の好みを覚えていますか?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/374317951.html
●はじめての家事ドリル1:奥様の家事に「ありがとう!」を言う。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/380774891.html

●はじめての家事ドリル9:1日の家事を通しでやってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/385894515.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村




<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



posted by 男の家事講座 at 10:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

妻のために作りたい!小倉ホットケーキ

今回の<俺の朝食>は妻のために作りたい!小倉ホットケーキです。朝の糖分は、脳のエネルギー源としてぴったりです。レトロな雰囲気でコーヒーといっしょに!しっかりとした食べ応えでブランチなどにも!

小倉ホットケーキ.JPG

●道具:フライパン、おたま、ホイッパー、フライ返し、フキン
●材料(2人前):市販のホットケーキミックス1袋、玉子1個、牛乳150cc、はちみつ、バター(マーガリン)、小倉あん(適量)


フライパンに油をひかない

1:ホイッパーで、玉子、牛乳を溶き、ホットケーキミックスをよく混ぜます。

DSC01762.JPG

2:フライパンを熱してから、一度濡れたふきんの上に乗せ、あら熱をとります。

3:フライパンをコンロに戻して弱火。「1」を高い位置から落とすようにフライパンに流します。
コーティングフライパンの場合は、油はひきません。

4:約3分ぐらいで、ふつふつと穴が開いたら、ひっくり返す。2分ほど焼いて出来上り。

DSC01768.JPG
DSC01767.JPG

5:小倉あんを添えます。


<豆知識>パンケーキとホットケーキの違い
ホットケーキ:小麦粉、ベーキングパウダー、牛乳、玉子、砂糖で作った生地を焼いたもの。
パンケーキ:小麦粉、牛乳、玉子で作った生地を焼いたもの。ホットケーキより薄く、ベーコンやソーセージを巻いたりして食べます。

■脳は寝ている間もエネルギーを消費し続けます。脳のエネルギーはブドウ糖が主。ブドウ糖は体内に多く貯蔵しておくことができないため、朝の糖分補給は理にかなっています。
※糖尿病の方など、必要摂取量は異なります。


<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ



 


posted by 男の家事講座 at 19:29 | TrackBack(0) | 料理:俺の朝食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

老後(定年後)の家事_4人に1人は夫と同じお墓に入りたくない

お墓.png

「男の家事講座:日記」146回目のテーマは「シリーズ、老後(定年後)の家事」です。第20回目の記事は4人に1人は夫と同じお墓に入りたくないです。「えっ?25%もいるの?」と驚かれる方も多いかと思いますが、アンケートデータによっては「3人に1人」という報告もあります。今回は、「なぜ、妻は夫を同じお墓に入りたくないのか?」と考えていきます。

妻が、夫と同じお墓に入りたくない
「お葬式コンシェル」のアンケート調査では、「自分の夫と同じお墓に入りたいですか?」というアンケート調査を行いました。その結果が、下記の通りです。

002.png

●入りたい:76%
●入りたくない:24%

お葬式コンシェル
http://www.osoushikiconcier.com/column/89
• 調査地域:全国
• 調査対象:年齢不問・女性
• 調査期間:2014年12月10日〜12月12日
• 有効回答数:100サンプル

妻が、夫と同じお墓に入りたくない理由とは?
「一緒のお墓に入りたくない」という代表的な回答を紹介します。

@今でも一緒に生活するのが嫌なのに、死んでも一緒というのは嫌!
A夫の親と仲が悪く、親と同じお墓に入りたくない。
B夫のお墓は知らない人もいるので、できれば自分の実家のお墓に入りたい。

@の問題を克服する
@に関しては「男の家事講座」のテーマです。4人の1人の奥様は、「夫から解放されたい」と考えているようです。お墓を考えるということは、夫婦共にそれなりの年齢ということです。つまり、夫の定年後の生活態度が今後の奥様の考えた方に大きな影響を与える、と考えた方が良いでしょう。

1)妻との家事分担を話し合い、決めたことは必ず実行する。
2)妻をあまり束縛しない。お互いの自由の時間を設ける。
3)妻に「ありがとう!」と言葉を口に出して言う。

妻が「旦那と一緒に入りたくない!」と思ったら、ほぼ考えを覆すことは難しいと思います。本当は、結婚時から考えて欲しいことですが、遅くても定年を機会に心がけてみませんか?

<関連記事>

老後の家事を語ってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/372051411.html
夫の行動が、妻を病気にする「夫源病(ふげんびょう)2」
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/367037288.html
もしかしたら、奥様は「主人在宅ストレス症候群」予備軍かも?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/364362933.html
「夫婦の会話時間は平均66.3分※」を考えてみる
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/392023745.html
家族の幸せは、家事参加に比例する。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/373876675.html
「家事の気づかい」を語ってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/378307423.html
妻が怒りまくる、ガキ夫の特徴とは?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/415775674.html

老後は、楽しみだけでは済まされない
ついつい「旅行しよう!」「趣味三昧!」と、楽しいことだけに気持ちが集中します。しかし、妻といっしょに定年後を楽しくするためには、奥様の負担を軽くする「夫の家事参加」がポイントになってきます。

<老後の家事:関連記事>
シリーズ:老後(定年後)の家事_定年の1年前からはじめておくべきこと
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/404581603.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_24時間365日働けますか?
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/404849899.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_がんばらない家事
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/405443150.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_夫婦の信頼関係
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/405600582.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_妻の家事ハラ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/406103701.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_一人前のじじい
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/406380923.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_おやじの道具
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/406745813.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_夫婦に“以心伝心”はない。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/406973215.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_妻の好み
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/407089324.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_悲しい老後と楽しい老後
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/407426311.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_必要とされない老後と必要とされる老後
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/407601710.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_夫婦の健康管理
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/408771321.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_老後のライフコスト
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/408893294.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_「いい夫婦の日」妻のホンネ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/409371402.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_妻が旅行。夫はどうする?留守番夫の家事マニュアル
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/409657208.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_実は無かった、夫の居場所
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/410233000.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_老後の資金
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/411184124.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_家事八分目
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/412653124.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_定年夫のモラハラ
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/412935872.html
シリーズ:老後(定年後)の家事_定年後の新生活
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/415597406.html

<お知らせ>
「男の家事講座」の姉妹ブログを立ち上げました。「健康」「掃除」「料理」「歳時・行事」「ニュース」など、くらしに役立つアイデアを紹介しています。ぜひ!見に来てください!

ふつうのくらし.com
http://futsuunokurashi.com/wp/

スクリーンショット 2015-01-10 16.30.06.png

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



posted by 男の家事講座 at 11:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする