2014年07月31日

エビフライエスニック丼

今回の<俺の丼>は、エビフライエスニック丼です。夏は辛いものがおいしいですね。エビフライを甘辛のスイートチリソースと、ガーリックライスのコラボで仕上げます。野菜もたっぷり使い、エスニックな丼にします。

IMG_0278.JPG

●道具:フライパン大(炒め用)、揚げ用ミニフライパン(フライヤー/揚げ用鍋)、炒め用ヘラ、爪楊枝(背わた取用)、包丁、ザル
●材料(2人前):米1.5合、エビ6匹(好きなだけ)、レタス5、6枚、玉ねぎ1/8個、オクラ6本、ニンニク1片、卵1個、小麦粉大さじ1、パン粉(適量)、サラダ油、オリーブオイル大さじ1、中華ダシ小さじ2、塩こしょう、醤油小さじ2、スイートチリソース、塩少々、片栗粉。
※野菜の量は好みでどうぞ。
※男の家事講座では、たっぷりの油を使うフライヤーや揚げ用鍋を使用していません。基本、少量の油を使う「揚げ焼き」で揚げ物をします。
※男の家事講座では、基本オリーブオイルを推奨していますが、少々お値段が高いので、揚げ油にはサラダ油を使っています。

エビフライは下処理が大切。

1:エビの殻を剝き、背に包丁を入れて、背わたをとります。

2:片栗粉をまぶして水洗いします。片栗粉が汚れや生臭さを吸着します。

DSC03672.JPG

3:エビを広げ、両サイドに切り目を入れます。水気を切り、塩こしょうします。
※揚げたときに丸くなのを防ぎます。

DSC03675.JPG
4:「3」のエビに小麦粉をうすくつけて、溶き卵(1/2個分)をつけ、パン粉をつける。
※溶き卵は1個分も使いません。もったいないので残りの半分はガーリックライスに使います。

5:ミニフライパンに5ミリぐらいサラダ油をいれ、中火。

6:「5」に「4」のエビを入れ、揚げ焼きをします。

DSC03681.JPG

7:レタスを1p幅ぐらいに切る。玉ねぎはスライス切りし、水にさらす。オクラは、水に塩をひとつかみ入れて湯がく。ニンニクをみじん切り。

8:ガーリックライスを作ります。フライパン大にオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、弱火。ニンニクの香りが出たら、ご飯と「4」の溶き卵を投入し炒める。中華ダシ、塩こしょう、醤油で調味する。

DSC03685.JPG

9:「6」のエビがきつね色に揚がったら取り出します。ちょい早めに出して、余熱で中まで火をいれます。

10:皿に「8」のガーリックライス→「7」のレタス→「9」のエビ→「6」のスライス玉ねぎ→「7」のオクラを盛りつけ、スイートチリソースを振りかけます。


<豆知識>
夏に辛いものは「夏バテ」にも効果。辛味成分の効用には、胃液を分泌させて食欲を増進させます。とはいえ「辛ければいいもんじゃない」激辛は胃を荒らしますので、おすすめしません。
オクラのネバネバは、ガラクタン、アラバン、ペクチンといった食物繊維です。βカロテンやカリウム、カルシウムもたっぷりです。

スイートチリソース(タイ・ナムチムガイ)300ml(タイ料理、ベトナム料理)【あす楽対応】

価格:357円
(2013/6/15 23:45時点)
感想(48件)




▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ




posted by 男の家事講座 at 09:49 | TrackBack(0) | 料理:俺の丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

夏休み旅行前にやっておきたい防犯掃除。

いよいよ夏休みですね。「今年は海外旅行だ!」「実家の田舎に帰ってのんびりするぞ」「海や山でキャンプだ!」など、楽しい計画をお持ちではないでしょうか?そんな楽しい気持ちに水を差すようで申し訳ないのですが「お手入れが行き届いていない家」は、長期不在の家は泥棒にとって格好の獲物なのです。今回は夏休み旅行前にやっておきたい防犯掃除をご紹介します。

       泥棒家.png

ここにひとつのデータがあります。
侵入犯の手口
■戸建て
1位:ガラス破り(62%)
2位:無締まり(22%)
■マンション
1位:ガラス破り(36%)
2位:無締まり(18%)
※H17年上半期(東京都) 警視庁 生活安全総務課調べ

玄関と庭が汚い家は、狙われやすい!
散らかった庭や玄関、掃除されていない格子は、空き巣狙いが「住人はズボラで防犯に関心がないだろう」「家の中も散らかっていて、盗んでも気づかれないだろう」と思う可能性が高いのです。また、侵入に5分かかると、約7割の空き巣狙いが侵入をあきらめる。というデータもあります。※警視庁調べ

@庭を片づける
「整理整頓」が防犯の基本です。「ここに空き巣に入ると、証拠を残しやすいぞ!」と空き巣に思わせるのが一番です。


A玄関・庭・格子周りの掃除

1:濡れたフキンなどで汚れを落とす。

2:乾燥後、スポンジにクレポリメイトをスプレーし、塗布する。
※補助錠を使用する面にコーティングすると、滑りがよくなり補助錠の効き目が無くなりますのでご注意ください。

DSC01363.JPG

3:ボロ布で拭き上げる。
※僕は使い古した靴下を使用。伸び縮みがするので、柵周りの掃除に便利です。

ドアやインターホン、格子など、金属・メッキ類・プラスチック系の仕上げにシリコンコーティングがおすすめ。光沢感のある仕上がり感はもちろんですが、UV吸収剤により紫外線劣化の進行を遅らせます。特にプラスチック類への効果は高いと思います。


●クレポリメイト塗布前          ●クレポリメイト塗布後
 
DSC00971.JPG DSC00990.JPG


B掃除とロックで、ダブル防犯
手入れの行き届いた格子や窓は、空き巣狙いの侵入意欲を低下させます。さらに「補助錠」「防犯センサー」「防犯フィルム」との併用で「この家への侵入はリスクが高い」と思わせることが大切です。日頃のお手入れで、格子類の不具合も発見できるメリットもあります。

●格子の補助錠(室内)

DSC01365.JPG

●格子の補助錠(室外)
うっすらですが補助錠を確認できます。「侵入時間がかかる・防犯に関心のある家」という印象をもたせます。

DSC01367.JPG

その他

●長期不在の場合は、新聞をとめる。たまった郵便受けは「家にいません」のサインです。
●フェイスブックやツイッター、ブログで「長期旅行ナウ」をしない。
●信頼のおけるご近所様に声をかけておく。


<豆知識>
庭や玄関が散らかった家は、「住人は無頓着」という印象をもたせ、悪質訪問セールを呼び込みます。最悪のケースでは、ドアや格子などに「ここの住人はカモ」という印をつけられる場合があります。こういった点からも、普段のお手入れをおすすめします。

※上記の方法で、空き巣狙いを完全に防げるものではありません。あらかじめご了承ください。

▼クレポリメイト<クリア>
ツヤやかな光沢感が特長。

呉工業 クレポリメイト(クリア) 保護ツヤ出し剤 250ml

価格:609円
(2013/4/26 10:38時点)
感想(0件)




▼スーパークレポリメイト
まさしくスーパー。保護効果の高さが特長。

【送料無料】【代引無料】スーパークレポリメイト

価格:1,029円
(2013/4/26 10:39時点)
感想(1件)




▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



タグ:防犯掃除
posted by 男の家事講座 at 09:48 | TrackBack(0) | 掃除:雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

「食品の安全性」を語ってみる_ver.2。

「男の家事講座:日記」118回目のテーマは「食品の安全性」を語ってみる_ver.2です。大手ハンバーガーチェーンで、中国輸入肉の賞味期限・偽装が話題となりました。この問題、47回の日記「「食品の安全性」を語ってみる」で語っているのですが、加筆を加え、改めて考えてみたいと思います。

         food_chicken_nugget.png

外食と加工食品の大半は輸入、という現実。
おいしく、安く、安全に!をモットーに企業は、取り組んでいるかと思います。全ての中国輸入食品が危険、とまでは思いませんが、「これ、どこの国の食材だろう?」と知っておきたいものです。

国産の調理済み食品の原産地表示
冷凍食品の原材料名の表示は、原材料の上位3位かつ、重量に占める割合が5%ものに義務づけられています。逆に言ってしまえば、4位で5%以下なら、どこの国かわからないというのが現実なのです。

例)ある有名食品メーカー「冷凍エビピラフ」の場合
原材料名
米(国産)/たまねぎ(米国産)/にんじん(中国産)/エビ(ベトナム産)/スイートコーン/さやいんげん
※エビは4位でも5%を越えているので原産地名が表示されます。5%以下は表示義務がないので、産地がわかりません。

実際の所、レトルトやチルド、外食など、多くの加工食品には輸入食材が多用されています。

知らない怖さ。
中国製食品の安全性が話題になっています。多くの輸入会社は、安全面に十分に注意されていると思いますが、騙す気満々の相手の嘘を見破ることはかなり難しいのではないでしょうか?今回の大手外食チェーンがわかりやすい例です。

下記のリストは、違反毒性物質が検出した中国汚染食品の一部リスト(平成25年3〜9月分より抜粋)です。輸入食品の9割は野放し常態です。

●大粒落花生/アフラトキシン(カビ毒)
●炒ったスイカの種子/サイクラミン酸(人工甘味料)

●炒ったピーナッツ/アフラトキシン(カビ毒)、TBHQ(酸化防止剤)

●黒糖ピーナッツ/アフラトキシン(カビ毒)
●生鮮ケール/ヘキサクロロベンゼン(殺菌剤)

●生鮮ごぼう/パクロブトラゾール(殺菌剤)

●烏龍茶/インドキサカルブ(殺虫剤)、フィプロニル(殺虫剤)、プロファム(除草剤)

●烏龍茶エキスパウダー/サイクラミン酸(人工甘味料)

●トマト茶/二酸化硫黄(漂白剤)

●豚肉スライス/サイクラミン酸(人工甘味料)

●豚生姜焼きパック/大腸菌群
●かもの珍味(麻辣味)/大腸菌群
●炭火焼き牛タンスライス/大腸菌群

●ボイル刻みたこ/大腸菌群

●冷凍切り身がれい(生食用)/大腸菌群
●冷凍切り身かれい昆布〆スライス/大腸菌群
●冷凍ししゃも味醂干し/大腸菌群

●冷凍いか類/細菌

●冷凍えだまめ/ジフェノコナゾール(殺虫剤)、大腸菌群
●冷凍こまつな/大腸菌 冷凍たまねぎ/細菌

※厚労省「輸入食品等の食品衛生法違反事例」平成25年3〜9月分より抜粋 
※女性セブン2013年10月24・31日号
※厚生労働省「輸入検査等において食品衛生法違反」の事例情報。
 http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/ihan/

なぜ、手料理なのか?
加工食品は、企業努力の賜物です。安くてカンタン、しかも結構旨いです。「男の家事講座」では、外食・加工食品を上手に利用しながらも、手作りの重要さを指摘したいと思っています。自分の目で確かめ、材料に触れて、調理する。料理は、健康に生活していくための基本的な行動です。無関心と奥様まかせではなく、まずは興味を持つことから始めてみませんか?

<食の安全性:関連記事>

「トランス脂肪酸」を考えてみる
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/379762732.html
「料理の素」を語ってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/379274210.html
「食品の安全性」を語ってみる。
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/377749661.html
レンジでチン!老化を加速させる食事
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/376177226.html

▼「役に立った!」と思ったらポチッとご協力ください。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



posted by 男の家事講座 at 10:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする